ダイエットはリバウンドが大敵!私の対処法はサプリメント

痩せない悩みがないと言ったら嘘になります。まったく痩せないということではなく痩せる努力を続けると痩せるんですが、痩せる努力をやめたら元の体重に戻りはじめるんですね。それが怖いんですよ。

怖いのは元の体重に戻ったときカラダが緩むから。例えば、ダイエット前50キロの体重で少しダイエットの必要性を感じるくらいだったのが、ダイエット後同じ50キロの体重に戻ったとき体型が前より崩れている・・・。成長してカラダが大きくなるのとダイエットのリバウンドでカラダがダイエット前に戻るのとは意味が大きく違います。

ダイエットに一時的に成功してもリバウンドしてしまうとコンプレックスが増えます。痩せたカラダが元に戻っただけじゃ済まないんですね。それだけだったらリバウンドも仕方ないと思えるけれど、リバウンドしてしまうと贅肉があちこちに付くから同じ50キロでもそれ以上体重が増えたように見えてします。

だから簡単に痩せるダイエットは危険なんですよね・・・。簡単に痩せた場合簡単にリバウンドする。そうなればダイエットを一生続けなければいけない。痩せるならゆっくりゆっくり痩せていった方が安心なのはそういうことです。

ダイエットの失敗が多い人はダイエットサプリを摂ると少しはリバウンドが防げるかもしれませんよ。完全にリバウンドを防ぐことは不可能だけど、ほんの少しならダイエットサプリに助けてもらえるかもしれません。私は便通改善のダイエットサプリを摂取していますが、これはリバウンド対策のために使っていて痩せる効果については期待していません。

お腹の調子を整えるダイエットサプリメントはダイエット補助食品で充分。それ以上の効果を求めてみても結局サプリメントだからそれだけの力は無いわけです。ゆっくり痩せるダイエット法を探して気長に続けながらあくまでも補助としてサプリメントを使うとカラダが整うと思いますし、長く良い状態を保てるんだと感じます。
スラリオの効果を実感する

自分を知り自分の体質に合ったダイエットで成功

ダイエットとは一般的には「減量」のことを指すので、基本的には「消費カロリーが摂取カロリーを上回ればいい」との認識が一般的です。ただ、人それぞれに体質やその時々の体調やコンディション、年齢や性別諸々を考えるとダイエットの方法は無限にあるといってもいいでしょう。自分にとって減量のしやすい条件を知り、性格により目標を達成するまでに挫折せずに続けられる方法などを知ることも有効ですね。
まずは目標の立て方として、人が何かを達成したいときにはその先にあるメリットや楽しみを思い浮かべることが有効と言われています。例えば「○○kg減を達成するぞ」「○○kgになるぞ」と目標を立てるよりも「ダイエットで○kg減量できたら、この洋服を着て遊びに行きたい」「成功してキレイになって気になる人と仲良くなりたい」「海へ行きたい」など、達成したあとの楽しい未来に焦点を当てること。それがモチベーションを生みやすいと言われています。着実なダイエットをする場合、急激に結果が見えるものではないのでモチベーションの維持が意外と重要になります。
目標を立てたあとに私個人が実践したのは、できるだけ自分にとって楽しめるようにするための方法を導き出すことでした。
例えば自分の好物をどんどん挙げていき、その中から減量にも悪くないと思われるものをピックアップしました。好物の中にはケーキやチョコレート、高カロリーでダイエットに悪そうなものも沢山ありましたが、逆に体に良さそうなものも意外に沢山出てきたのです。納豆、赤身の肉、豆乳、野菜の煮物、ヨーグルトなど。ダイエットというと辛いイメージがついて回りますが「好物も食べられる」という意識そのものがストレスを減らすのに役立ちました。好物なら何でも良いわけではないが、食べられるものもあると思えばより楽しく続けられるでしょう。好きなものを意識しながら一日たったの何グラムの減量だとしても、それを続けることで3ヶ月で8kgの減量ができたこともありました。
危機回避法を準備するのも良いかもしれません。例えば「寝る少し前に食べたくなったとき」「スイーツを食べたくなったとき」を想定した場合、少しでも回避できるように予防策を予め考えるなどです。寝る前に食べたくなったらとにかく寝てしまうこと、明日起きたら食べられると言い聞かせるなど。自分の場合は、それでも駄目ならホットスキムミルクを飲み、眠気を誘い寝てしまうという方法をとることもありました。スイーツを食べたくなった場合は、市販されたものではなく、自然食材で賄うことをしました。ヨーグルトとバナナと純ココアパウダーをミキサーにかけ、バナナだけの甘さで美味しいシェイクなど。アイスが好きなので、凍らせて食べるのも楽しみの1つになっていました。
女性ならば、生理が終わった時期が減量しやすいなどもありますね。便秘解消もダイエットの味方ですね。

方法は人により様々ですが、ダイエット=つらく苦しいという図式を緩め「工夫」することでダイエットを少しでも楽しいと思えるやり方を探すことが、長続きするコツなのかもしれません。
キラリ麹の炭クレンズ生酵素

クレアチンの効果とは?

クレアチンは筋肉にエネルギーを素早くもたらし、瞬間的に強い力を得ることができるものと注目されています。

その源には筋肉が動くための様々なエネルギーの要素と密接な関係があります。

筋肉が動く際にはATPと呼ばれる、アデノシン三リン酸が重要なエネルギーになります。

このATPが消費されると、ADPと呼ばれる成分と遊離リン酸に分離されることになり、そのままの形では再利用することができません。

すなわち、ATPが存在しないと筋肉は爆発的な力を得ることができないのですが、ここでクレアチンが非常に重要な役割を果たします。

クレアチンは遊離リン酸を捕まえ、ADPと結合させATPを生成する力を持っているので生成する力を持っているので、筋肉が強い力を得るために必要なエネルギーを供給することができるという効果をもたらすものとなっています。

その結果筋肉が持続的に力を最大限に引き出す運動を継続することができることにつながり、その教科を早く行うことができることになるのです。

筋トレを行う場合これまでは瞬間的に強い運動を行い、その後その筋力が回復するまで休むといったことを繰り返すのが一般的でした。

しかし、実際にはトレーニングを短時間行っても休むことでその状態が元に戻ってしまうため、運動量の割になかなか高い効果を得ることができないというのが実態です。

これを繰り返すことで筋肉自身の持続時間が長くなり、そのために徐々にトレーニングを繰り返すことで筋力を高める事は可能となっていますが、そのペースは非常に遅くなることが多いのです。

また、一般的にはクレアチンは体の中で生成されているものであり、肉類にその要素が多く含まれていることからトレーニングをし食生活でこのようなものを積極的に摂取している場合には、効果的なトレーニングを行うことができることもわかっています。

しかし中には様々な身体的な特性により上手に生成をすることができなかったり、また肉類などが嫌いでこのようなエネルギーを摂取することができないと言う人にとっては、外部からクレアチンを供給することは大きな意味を持つものとなっているのです。

この栄養素は近年ではサプリメントで供給されることが多いのですが、もともと人間の体内で生成され使用されている栄養素であることから、基本的には体に害がないと言うのが大きなメリットとなっています。

サプリメントであることから大量に服用すると胃腸に対する影響を及ぼすリスクがありますが、この点に注意をすれば安全に使用できるものであることもポイントです。
クレアチンもHMBも摂るならメイプアップ

ダイエットにHMBは必要ですか?

最近、室内にこもりっきりと言う人も少なくないと思います。

外出自粛、走るのもソーシャルディスタンスに気をつけなければいけない。

なかなかめんどくさいですよね。

運動不足になって気がついたら太っていた!なんてこともあるかも知れません。

家にいながらダイエットをしよう!そう思ってサプリなんかをみていると

どれが良いのか分からなくなってきた・・・。

ダイエットの相談にのっているとよくある質問に「ダイエットをするのにHMBは必要ですか?」というのがあります。

HMBを含んでいるサプリを最近広告でも良くみるからだと思いますが、基本的にHMBはダイエットのための成分ではないんです。

HMBはダイエットは効率良く筋肉をつけるための成分だと思ってもらえればいいと思います。

では、ダイエットには必要ではないと思ってしまうかも知れませんがそれも違います。

ダイエットをするために必要なことは何か?と言うと体重を減らすこと。

体重を減らすなら食べる量を減らせばすぐに減っていきますがはっきり言って健康的ではありません。

また、食事制限のダイエットだとお腹の脂肪は一番最後に減っていきます。

手や太ももから減っていくのでスタイルははっきり言って良くない感じでダイエットするんです。

健康的に体重を減らすなら運動をしながら体重を減らして行くこと。

HMBは効率良く筋肉をつけてくれます。

軽い運動をするだけでも筋肉が付きやすくなるのです。

筋肉が付くと脂肪を燃焼しやすくなります。

腹筋をつけるとお腹のぽっこりも減ります。

つまり、余計な脂肪を減らしてキュッとした筋肉を手に入れスタイルよく健康的にダイエットをすることが可能になるのです。

だから、HMBの入ったサプリはダイエット目的の運動を効果的にサポートしてくれるんです。

よく、筋トレにはプロテインを飲んだ方が良いと言われたりしますがHMBはプロテインを飲むよりも効率が良いので筋肉が本当につきやすくなりますよ。
メイプアップ

腸活って何?どんな効果がある?

・腸活って何?
腸活というのは
一言で言えば腸内環境を整えることです。

腸内には
100種類以上で数はおよそ100兆個もの腸内細菌が生息しています。

顕微鏡で腸内を覗いてみると
仲間同士が集団を形成しておりその様子がさながら
花畑にもにていることから腸内フローラという呼び方もあります。

腸内細菌には

  • 腸の働きを助ける善玉菌
  • 有害な物質を出す悪玉菌
  • どっちつかずの日和見菌

がいます。

普通は善玉菌が1~2割を占めており、1~2割の悪玉菌の働きを抑えるので健康を維持できます。

日和見菌は6~7割の割合で生息しています。

しかし
食事の栄養バランスが偏っていたりすると
悪玉菌が増殖して日和見菌が悪玉菌の味方につくことがあります。

そうすると腸が働きにくくなり
便秘や免疫力の低下による数々の病気を引き起こす原因を作ってしまいます。

悪玉菌が増えるような食生活が常態化していると
健康と美容には深刻な影響が出る恐れがあります。

腸活で腸内環境を整えるというのは
つまり善玉菌を増やし、悪玉菌の割合を減らすということです。

どうすれば
善玉菌を増やせるのかと言うと、よく行われるのが乳酸菌の摂れる食品をたくさん食べることです。

乳酸菌は
ヨーグルトを中心に、キムチや漬物や納豆などコンビニでも手軽に購入できる食品です。

腸活を行う上で乳酸菌は必要です。
多少多くても摂りすぎても問題ありません。

そして、もう一つは
食物繊維を多く摂ることです。

食物繊維は善玉菌にとって格好の餌なので、積極的に摂れば数を増やせます。

また、食物繊維は水を吸収して便を柔らかく、かさを大きくすること排便を促します。

便には体に不要な老廃物が多く含まれていますから、それを排出することで腸内環境を改善できます。

ただ
水分もその分多めに摂るように心がけましょう。

老廃物を排出するには水分が必要です。

腸活の基本は
乳酸菌と食物繊維です。

・腸活の主な効果とは?
続いて
腸活をすることで得られる効果は少なくありません。

まずスタイルが気になる女性にとっては、ダイエットしやすくなるというのは魅力的でしょう。

腸活で善玉菌が多くなると
代謝が上がります。

代謝が向上すれば
運動をしたときに消費するエネルギー量が増えるので脂肪を落とせます。

さらに
代謝が向上するだけでなく、腸内環境が良くなり
腸のぜん動運動をサポートしてくれますから便秘や下痢が改善します。

余計な水分の排出も促され
体のむくみが取れてスタイルが良くなります。

便秘による悪影響について少しお話しますと
体に再吸収される有害物質は自律神経を乱す原因でもあり、その結果として免疫力が落ちます。

病気に対する免疫力をつけたいという人は
腸活を行い、自律神経を正常にし、腸内環境を整えること免疫力アップをはかりましょう。
健康的な毎日へと変わります。

腸活ははじめてすぐに効果が出るといえません。
個人差があり、初めてすぐにおなかの調子が良くなる人もいれば
数か月かけて徐々に腸活の効果を感じられる人もいるでしょう。

なので
毎日コツコツと乳酸菌や食物繊維を摂取して
生活の一部になるまで日々続けていきましょう。
口コミで話題の腸活米!乳酸菌をパクパク食べて腸内改善しよう

マッチョのみんな肉よりプロテインを好む理由

もともと太っていたわけではなかったにですが、30歳を超えたあたりからお腹の脂肪が少し気になり始めてきました。
これじゃあマズいかなって思い、一念発起し筋トレに挑戦してみることに。

どうせやるならと「ムキムキになって会社の奴らをビビらせてやろう!」

そう思ってプロテインなんかも購入して本格的に筋トレ生活に突入。

がしかし、そのプロテインがまぁ粉っぽくてまずいのまずくないの。

ネット通販でできるだけ安いものを購入したのが災いしたのかこれは飲めないとそのプロテインは封印することに。

ネットで筋力をアップするにはトレーニングした後の栄養補給が大事というのでどうしようかと。その時はプロテインは名前が
横文字なんでどちらかと言えばドラッグ的なものを想像していたんですが、プロテインは日本語に訳すとタンパク質。

筋肉を作ってくれるタンパク質を摂っているだけだと理解しました。

なので筋トレをした日には肉や魚みたいなものを食ったらそれでマッチョになれると思い、
トレーニングした日には魚は苦手なので毎日肉を食べる事にしました。
 
筋トレをしては肉をバクバク、筋トレをしてはケンタッキーフライドチキンをバクバク。

数週間経ったとき、筋肉は前より少しついたのかなって思えるくらいにカラダが太くなりましたが脂肪がそんなに減ってないような…。
変わってないどころか増えてる???

なんでなんで

調べてみるとその時はじめてマッチョのみんながプロテインを飲んでいるのかを理解しました。

プロテインを摂るとタンパク質をピンポイントで摂取することができるからなんです。

自分みたいにタンパク質を摂りたい一心で食べ物をチョイスして食べていると余計な脂までいっしょに吸収して蓄えてしまうので

結果的に脂肪も抱きかかえたカラダになってしまっていたのです。

価格重視ではなくしっかりプロテインをみてみるといろんな味のプロテインもあるようなので今では自分好みのプロテインをみつけて
筋トレに励んでいます。

会社のみんなをビビらせられるのはも少し先になりそうです。

最近ではプロテインにかわるサプリ、HMBにも感心があります。
https://www.sense2.jp/